FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤーマン 

オハヨウゴザイマス。
夜勤明けで爆睡してました。ボンボ。
えーと今日はレゲエではなくオーディオについて書こうかな。

まぁ特別金掛けて高い物を買ってるわけでもないんですが、
少しでもいい音で自分の部屋で聞きたい為ちょっと工夫してます。

パソコンいじるのちょっとわからないって人はかなり居ると思います。
まぁ私もそこまで詳しいわけでもないんですけど。。。
まず誰でもできるスピーカーの拡張でも。

まずだれでも簡単にできる事。
外部出力で自分が使っているコンポなどをPCと繋げてPCスピーカーにしてしまう。
AUXってのが
コンポなどには大体あると思いますけど。
こんな線を探して買いましょう。
まぁ説明は書いてる通りです。
この線買うだけでPCだけでなくipodやゲーム機等様々な物からコンポ等に繋げれてしまいます。
TVのスピーカーに不満や、PCのスピーカーに不満がある人にはお勧めです。
一応商品リンク



次に横のアマゾンの広告でも紹介している優れもの。


これはPC用スピーカー5.1chサラウンドスピーカーですね。
今自分でも使っている物です。
最安値で1万で購入したんですけどかないい感じです^^
まぁ設置するのはちょっと調べて頑張ればできる範囲だとは思いますけど・・・

まずPCの拡張・・・
5.1ch対応のサウンドカードが入っているかどうか。
必須なのかと言われると試しても無いのでわかりませんw
元々サウンドカードはいじっていたので・・・
サウンドカードってなによ?って人いますか、そうですね。
そっからだよな。

サウンドカードってのは!→ここ押しましょう。

はい!なんとなくわかった?

要するにPCをコンポ代わりにできちゃう優れものですよ!ってこと!
因みに俺の部屋からコンポはなくなりました。

どうやってつけるのよ?って?
自分で調べろよ!って言いたとこだけど優しい俺が他力本願で説明しようじゃないか。

http://www.hardcoreosaka.com/archivereport/special01.html

↑まず、デスクトップPCもってる人でメーカー品買ってる人はこうなるに違いない!w

まず一番確実な方法を教えよう・・・

家電量販店(PCパーツ取り扱ってる店)に自分のPC持っていってこれに
いっちゃん良いサウンドカードとりつけてやっ!
って言ったら予算オーバーしてしまいますw

無難な品を紹介しておきますかね。





まぁ適当に紹介したわけですが、価格みてもピンきりですね。
しかし安い奴と高いのじゃ結構音違うんです。
安いとノイズが入ったりする場合があったり高音が弱いとかね。
まぁ気にする程のものじゃないかもしれませんが。

おい、ちょっとここまで紹介しておいてわかったけどノートPCはどうすんだ!
って言う人に!



まぁノートやデスクトップPC使ってるひとで拡張とかちょっと・・・
っていう人にお勧めですよね。
つーか俺もコレ欲しい!w

ONKYOのサウンドカードが自分のPCと相性が悪くてどうにもこうにも・・・

まぁ音は良くしても一人暮らしで隣人に迷惑掛けそうって人は!
ヘッドホンしてきいてねっ!

長々と書きましたが今日はココラヘンで。

■今日のパトワ語■
rude boy  ルード・ボーイ

政府や社会に反抗する「(一般的に見た)不良少年」のこと。
ルーディ(rudie, rudi, rudy)と同義語。
女性の場合は、ルード・ガール(rude girl)、バッシュメント・ギャル(bashment gal)と呼ばれる。
gangsters(ギャングスター)、petty thieves(小さな泥棒)の俗称である。

流行最先端の服で身を包んだ若者に対して、周りが「かっこいー(cool / hip)」というときに使う、ジャマイカのスラング(俗語)に由来する。
ダンスホール?やサウンドシステムで踊るクールな若者に対して、ラム?を使ったカクテル「Rude to your parents」がふるまわれたことから、「ルード・ボーイ」という名がついたものと思われる。
少なくとも1960年代当時、若者同士では良い意味(good meaning)で「ルード・ボーイ」という呼称が用いられていたようである。つまり「rude boy=不良」であるが、「rude boy=ええ奴、仲間」というニュアンスである。"He is rude boy"という言葉は、昨今の日本で言うと、クラブや道端でたまたま見かけた男を見て、「あの男、ナウいなー」と言っている、そんな感覚であると思われる。
1960年代ジャマイカでは、流行の服(スーツにポークハット;アメリカのギャング映画が当時もてはやされた)を着つつ、野外やダンスホール?でかかるスカにあわせて踊る、かっこいいキングストンの青年たちを指している。
『地方からキングストンに仕事を求めて来たゲットーに住む若年貧困層がスカをよく聞き、一方で犯罪をよく起こしたため、ルード・ボーイと呼ばれるようになった。』という記述が散見されるが、これは間違いである。「若年貧困層が犯罪をよく起こした」→「若年貧困層はゲットーに住んでいる」→「彼ら(若者)はRudeである」→「ルード・ボーイ」と呼ばれるようになった という直接的な関係性は無い。



↓1日1クリックお願いします↓

スポンサーサイト
SEO対策:Youtube SEO対策:レゲエ SEO対策:PV SEO対策:無料 SEO対策:音楽 ブログランキング レゲエ/スカ TREview『洋楽』ブログランキング 音楽・MP3ランキング レンタルCGI アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。